ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 リバイタル REVITAL エマルジョン 国内正規品 しっとりタイプ 医薬部外品 II 130mL ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 リバイタル REVITAL エマルジョン 国内正規品 しっとりタイプ 医薬部外品 II 130mL 4158円 ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 リバイタル REVITAL エマルジョン II 130mL (医薬部外品) しっとりタイプ 美容・コスメ・香水 スキンケア 乳液・ミルク しっとりタイプ,REVITAL,美容・コスメ・香水 , スキンケア , 乳液・ミルク,エマルジョン,リバイタル,iheartfries.com,II,(医薬部外品),ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液,/anthomyiid394647.html,130mL,4158円 しっとりタイプ,REVITAL,美容・コスメ・香水 , スキンケア , 乳液・ミルク,エマルジョン,リバイタル,iheartfries.com,II,(医薬部外品),ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液,/anthomyiid394647.html,130mL,4158円 4158円 ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 リバイタル REVITAL エマルジョン II 130mL (医薬部外品) しっとりタイプ 美容・コスメ・香水 スキンケア 乳液・ミルク

ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 リバイタル REVITAL エマルジョン 国内正規品 しっとりタイプ 売り出し 医薬部外品 II 130mL

ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 リバイタル REVITAL エマルジョン II 130mL (医薬部外品) しっとりタイプ

4158円

ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 リバイタル REVITAL エマルジョン II 130mL (医薬部外品) しっとりタイプ




商品説明
名 称リバイタル REVITAL エマルジョン  II
説 明「光ダメージ」に向き合うリバイタル。贅沢なうるおいで肌を満たしながら、「光ダメージ」による乾燥を防ぎ、ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液
美白有効成分4MSK配合(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)。
肌荒れ防止有効成分、トラネキサム酸配合。
乾燥による小ジワを目立たなくします。(効能評価試験済み)
アレルギーテスト済み
(すべての方にアレルギーが起きないというわけではありません)
内容量 130mL
使用期間 約2.5ケ月 (使用方法にそった使い方での目安)
香り フローラルグリーンの香り
商品区分化粧品
発売元
メーカ
資生堂
生産国日本製
広告文責嘉日株式会社 03-5295-2508

ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 リバイタル REVITAL エマルジョン II 130mL (医薬部外品) しっとりタイプ

記事一覧

師走~(1)。

日本では、旧暦12月を師走(しわす)と呼び、現在では新暦12月の別名としても用いる。師走の由来は僧侶が仏事で走り回る忙しさからという平安期からの説があります。師走の異名には、ごくげつ(極月)、はるまちつき(春待月)、ばんとう(晩冬)、等多く有ります。また、「神楽月(かぐらづき)」、「子月(ねづき)」の別名もあります。11月30日撮影、 庭にて。   ☆ ランタナ(七変化) ☆12月07日。。。。。。。。大雪。12月...

続きを読む

五十畑工業 ロングライトバス 多人数用ベビーカート 6~8人乗りタイプ グリーン【施設配送限定】 (※沖縄・離島配送不可) 五十畑工業 ロングライトバス 多人数用ベビーカート 6~8人乗りタイプ グリーン【施設配送限定】 (※沖縄・離島配送不可)

日本では、旧暦11月を霜月(しもつき)と呼び、現在では新暦11月の別名としても用いる。霜月の由来は文字通り霜が降る月の意味で、他に「食物月(おしものづき)」の略とする説や、「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もある。また、「神楽月(かぐらづき)」、「子月(ねづき)」の別名もある。10月30日撮影、 庭にて。   ☆ ノコンギク(野菊菊)☆11月01日。。。。。。。。燈台記念日、計量記念日...

続きを読む

神無月~(4)。

日本では、旧暦10月を神無月(かんなづき)と呼び、現在では新暦10月の別名としても用いる。神無月の由来は、諸説有りますが、醸成月(かみなんづき)=新穀で新酒を醸す月、又、神嘗月(かんなめづき)=新嘗(にいなめ)の準備をする月、等の説がある。一般には、出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神様が居なくなる月の意味と言われており、出雲では神在月といわれる。ツマグロヒョウモン(...

続きを読む

神無月~(1)。

日本では、旧暦10月を神無月(かんなづき)と呼び、現在では新暦10月の別名としても用いる。神無月の由来は、諸説有りますが、醸成月(かみなんづき)=新穀で新酒を醸す月、又、神嘗月(かんなめづき)=新嘗(にいなめ)の準備をする月、等の説がある。一般には、出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神様が居なくなる月の意味と言われており、出雲では神在月といわれる。キバナヒメノウゼンカ...

続きを読む

長月~(1)。

日本では、旧暦9月を長月(ながつき)と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いる。長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力である。ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属 落葉蔓性木本。8月31日撮影、庭にて。   ☆☆ノウゼンカズラ(凌霄花)☆☆9月01日。。。。。防災の日。二百十日。9月07日。。。。。白露。9月09日。。。。。重陽、救急の日。9月10日。...

続きを読む

プロフィール

Author:igai7080
過ぎ征く日常の中で、身近な花の季節の移ろいを写真で綴ります。
大阪府下南部からの発信で、毎日更新しています。

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

月別アーカイブ